「古希」ギフトに人気店

人生の節目節目に祝う年祝いは種類が多くありますが、70歳の時のお祝いのことを古稀と言います。古稀は古希とも書きますが正しい文字で、より縁起が良いとされるのは「古稀」と言われています。古稀の祝いの色は紫の色とされていて現在では還暦の祝いよりも本格的な長寿の祝いと考えられています。中国の唐時代の詩人である杜甫の詩である「人生七十古来稀なり」という一節が由来しています。
祝い方としては家で食事会を開いたりレストランや温泉宿でお祝いをすることが多いようですが、家族が遠方に住んでいたり都合がつかずに集まれない場合にはプレゼントを渡しお祝いの気持ちを表すこともできます。古稀のプレゼントのポイントとしては紫系や紫の入った物を送り、尚且つ記念に残る者が良いとされています。例としては名前やメッセージの入ったお酒やグラス、食器、時計などが多く選ばれています。
インターネットなどを利用してギフトを申し込めば遠方でも古稀のお祝いのプレゼントを贈ることができます。専門の通販を利用すれば名前入りのタンブラーだけでなく、名前入りの日本酒や焼酎、ワインなども選ぶことができます。いろいろな種類があるのでお祝いする方の好みに合わせたものを選ぶことが可能です。また、変わり種のプレゼントとして手書きの似顔絵色紙なども取り扱っているお店もあります。似顔絵色紙は近年人気が高まっているギフトで送ると盛り上がる記念に残るプレゼントとなっています。

Chromeのアプリでほしい「誕生日マニア」還暦祝いお知らせアドオン

google

chromeには独自に機能を追加することができます。chromeへの独自機能はおもにJavascriptで作成することになりますが、機能としてはかなり自由に作れると評判です。

Chromeに付けたい機能のひとつに忘れやすいことを思い出させてくれるリマインダー系があります。リマインダーはスケジュールや今日はなんの日か?などさまざまな情報を教えてくれます。中には毎日自動で祝い日をお知らせする機能を実装する方も多いです。祝い日には誕生日、結婚記念日などいろいろありますが、中には還暦になった方の情報をまとめている、もしくは、登録できるアドオンも考えられているようです。一見、そんな情報を知ってどうするのかと疑問に感じられる方もいますが、今日は誰の還暦が祝われているのかを知ることは意外と面白いと感じる方も多いようです。リマインダー機能は身内や友人の誕生日などを知るだけではなく、四字熟語などと同様に知識を知りたいという方にも使われているようです。

chromeのアドオンについてはJavascriptで作成できますが、他のブラウザについても同様に作成できます。特にFirefoxのアドオンは自由度が高く人気があります。FirefoxはChrome同様にオープンソース系のWEBブラウザであり、chromeよりも歴史が古く、WEBブラウザ黎明期のNetscapeまで遡ることになります。Firefoxはオープンソースとして発展してきましたが、WEBブラウザの基本機能である、WEBを表示するエンジンを分離する機能に対応したことで自由な開発がさらに可能となり、別のWEBブラウザプロジェクトとしてGoogleが作成したのがchromeです。chromeはGoogleのWEBサービスに対応することを目標に作成され、今ではPCのみならず、Androidやiosにも対応して世界中でもっとも利用されているWEBブラウザまで成長してます。また、LinuxをベースにChromeを中心に稼働するOSまで作成され、ChromeBOOKとしてハードウエアも登場するまでになっています。

chromeは特にアドオン機能が重要視されてきました。chrome自体はGoogleのサービスとWEBブラウジングに特化させており、機能はアドオンという形で用意し、また、探しやすいようにアドオン専用のWEBサイトを立ち上げてユーザに提供してきました。アドオン専用サイトはFirefoxでも作成されていますが、Chromeはセキュリティにも厳しく対応しており、セキュリティ違反をしたアドオンは利用停止にできるなどFirefoxよりも安全性をとっています。セキュリティについてはFirefoxも厳しくする方針に切り替えています。

chromeは機能追加においてFlashの扱いも独自の方針をとっています。FlashはAdobe社のアニメや映像を表示するプラグインですが、chrome以外はAdobe社からダウンロードする必要がありましたが、chromeは独自に内包させる方向で対応しています。Flashはセキュリティなどで問題が発生しやすいプラグインでもありますが、chromeでは問題が発生したらすぐに止められるようにプラグインを直接管理する方法をとっています。この方式はマイクロソフトも同様の方針に切り替えてきています。chromeはアドオンと共に発展してきたWEBブラウザです。アドオンはJavascriptで作れ、当初はスケジュールやブックマークが簡単に行えるなど機能が低い物から始まりましたが、データベースとの連動など高度な機能を実装するアドオンも増えてきており、chromeの人気もアドオンの高度化と伴ってますます上がっています

Google Choromeが誕生したそのワケ。

Google Chromeが生まれる前にはもうブラウザソフト・アプリケーションは存在していました。Microsoft社が開発したInternet Explorer(通称:IE)やapple社のSafari、Mozilla社のFirefox。その他にもインターネットという世界を見るためのブラウザソフト・アプリケーションは様々な企業が制作しリリースをしており、最もシェアを獲得していたのはMicrosoft社のIE。

現在ではGoogle Chromeのシェア率は世界的にみても50%近くシェアを伸ばしています。今回はそのGoogle社が制作したブラウザソフト・アプリケーション「Chrome」の開発した理由を探ってみようと思います。

当時Chromeの開発に携わったエンジニアディレクターを務めるライナス・アップオン氏はこう語ってくれました。「近年Webアプリケーションが進化する中で、ユーザー・エクスペリエンスをより快適にするためにGoogle Chromeを開発しようと思いました。また、ソフト自体をオープンソースで公開したことで、デベロッパーの開発環境も向上する。さらには、今まで使い勝手の悪かったブラウザソフト・アプリケーションにも良い影響を与えることができるだろうと思いました。

ユーザー・エクスペリエンスを向上させるという意味ではFirefoxの機能等を向上・サポートさせる選択肢もあった。(※当時はMozila社はGoogleの子会社になっていた)Mozilla社が長年に渡って良い仕事をしてきたのは知っているし、異議を唱えるつもりもない。しかしブラウザが理想であるかどうかは我々エンジニアの間では様々な意見があったため我々Google側の意見をMozilla社に無理矢理押し付けることはしたくはありませんでした。現在でもMozillaとGoogleはたくさんの取り組みを共有しており、特にセーフブラウジング分野ではFirefoxに対してGoogleは大きな貢献が出来たと思っています。」

ユーザーエクスペリエンスをシンプルにしたい。

「従来のブラウザが抱えていた問題点としてデザインが複雑だったことです。利用するユーザーに対してシンプルに利用してもらう。それが一番の課題としました。例えば一般的にアドレスバーと呼ばれる部分はサイトのアドレス(URL)のみしか打ち込めずキーワードで検索したい場合はわざわざ検索エンジンのページに訪れてキーワードを入力する必要がありました。これをChromeではアドレスバー自体を「多機能ワンボックス」としてURLだけではなく検索エンジンの機能、Web閲覧履歴といった様々な情報をそこですべて簡潔に利用できる様にしました。またタブ操作では、よく使うサイトをサムネイル表示する機能やタブは1つ1つ独立して稼働する「マルチプロセスモデル」を採用しているため、あるタブで障害が起こっても他のタブには影響がない、ブラウザがクラッシュしにくく設計しました。

このマルチプロセスモデルを採用することで、セキュリティの大幅な改善にも貢献しています。具体的には改ざんされたウェブサイトにアクセスしてマルウェアの攻撃を受けても、サンドボックスで処理されるためパソコンに搭載されているHDDには影響がありません。またオープンソースで公開されているため、多くの開発者がセキュリティの問題に協力してくれることも期待しています。

そして今回Chromeにはブラウザレンダリングエンジンで「WebKit」を採用しました。これはSafariにも採用されているレンダリングエンジンですが、サイトの描写速度が早いことを重視した結果です。コード自体がシンプルであるため、改善・変更・修正がしやすいことも特徴と言えます。また我々独自のJavascriptエンジン「V8」で既存のJavascriptエンジンと比べ何倍も速い処理を実現しました。将来的には、これまで以上にリッチ(描写が複雑)なWebアプリケーションが出てくることが予想されるが、これらの使用に耐えられると思います。

このことにより、インターネットを利用するユーザーが快適に安全に、そしてシンプルに使えるようにしました。」

Google Chromeが公式で適用してくれる拡張機能を導入しよう!

一般的にインターネットをする際に使用するブラウザソフト・アプリケーションには大体拡張機能(プラグイン)を導入することが可能です。今回はGoogle Chromeについてのみご説明します!Google Chromeをインストールすると、初期の時点でChrome ウェブストアというものが拡張機能としてすでにインストールされています。これはChromeで使用することができる拡張機能が集まっているデパートの様な存在であり、自分にあったモノを利用することができます。

01-alt-ChromeStore

ご覧の通りいろんな拡張機能が用意されていますが、何を入れていいのか恐らくわからないと思いますので私がお薦めするサービス提供者が公式でリリースしているアプリを中心に今後ご紹介していきます。

Gmail

02-alt-Gmail

従来ではGoogleの検索ページへ行き、そこでGmailにアクセスしていましたが、Googleではその手間を省いてくれる拡張機能があります。Google社が公式に提供してくれる以外にもいくつか種類がありますが、初心者の方は公式提供の拡張機能で十分です。

このGmailの拡張機能を入れ有効化することで、Google Chromeの画面右上にGmailのアイコンが生成されます。これによりこのボタン1つ押せば自分のGmailアカウントへすぐにアクセスできます。(※最初にアカウント情報を入力する必要があるためGmailのアドレス、パスワードを用意しておきましょう)新着メールが来るとメールアイコンの右下に受信数が表示されるため一発でわかります。

Youtube

03-alt-Youtube

みんな大好き動画投稿サービス「Youtube」意外と知らない人が多いのですが、YoutubeはGoogleが提供しているサービスです。公式で提供している拡張機能はYoutubeへのアクセスするためだけであり、特筆する点はありません。この拡張機能を導入すると、Chromeのアプリ画面にYoutubeのロゴが大きく表示され、そのロゴをクリックするとすぐにYoutubeへと移動することが可能です。ブックマークやいちいちYoutubeと調べてアクセスするのが面倒な方は入れると非常に楽です。

Google ドライブ

04-alt-Google drive

Googleが提供してくれているクラウド・ストレージサービスです。Googleのアカウントさえあれば誰でも利用することがあります。転送制限はありませんが、保存出来る容量は無料ですと15GBです。たくさん保存しておきたい方は追加容量を購入することができます。

この拡張機能を導入することで受けられるメリットとしては、別途パソコンにGoogleドライブをインストールする必要がありません。つまりChromeに拡張機能として導入すればすべてChrome上で出来てしまいます。インターネット環境下に常に入れる方はこれで十分です。

Google リモートデスクトップ

05-alt-Google remote desktop

これはChrome リモートデスクトップが入っているパソコンがあり、かつ拡張機能が起動していればリモートでパソコンを操作することが可能になる拡張機能です。もちろんセキュリティもしっかりしており、事前にある程度設定しておく必要がありますしリモートで動かす場合はその都度ランダムで生成されるパスワードを入力するため安心です。それでも悪意のある人がリモートで操作していても画面下に誰が今アクセスしてきているのか通知表示されるためすぐに使用停止にすることも可能です。私がお薦めしたいのは、パソコンに疎い両親がいろいろ設定やってくれと頼まれた場合に自分が離れた場所にいても操作を変わってあげたり、教えることもできます。

Google Chromeに入れるべき拡張機能達02

前回の拡張機能の紹介ではGoogleがオフィシャルで公開している拡張機能をご紹介しました。
続いては、自社サービスを運営している会社がGoogle Chromeで使用することができる入れておくと便利な拡張機能をご紹介します!

Facebook

06-alt-Facebook

全世界でtwitterと方を並べるソーシャルネットサービスであるFacebookもGoogle Chromeに対応している拡張機能があります。特に拡張機能だといって特別な機能が付いているわけではありません。ブックマークではなく拡張機能として導入することでChromeのアプリメニューからアクセスできるようになります。ブックマークとして管理する必要がないのでブックマークが多くて減らしたい方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Evernote Web

07-alt-Evernote

 

08-alt-Evernote Web Clipper

外部記憶サービスというのが適切だと思いますが、気になる事やアイディアをクラウド上で保存できる拡張機能です。Google Chromeのサービスではありませんが、仕事をしている人や学生・主婦といった幅広い層が気軽に利用できるため最も有名な外部記憶サービスです。

Evernote WebとEvernote Web Clipperを併用することで見ているサイトを保存しておきたいといったとき簡単に残しておくことができます。保存方法も幾つか指定することができ、テキスト情報だけ、サイト全体の保存等といった自分の用途、好みに合わせてクリップできます。

feedly
09-alt-feedly

10-alt-feedly Chrome
自分がお気に入り登録(以下ブックマーク)しているウェブサイトに更新があった場合、そのお知らせを教えてくれる拡張機能です。インターネット上には様々な情報があり、気になるサイトをブックマークしている人は多いんではないでしょうか。しかしブックマークが多すぎて、なんのサイトなのか整理ができていない人も多いと思います。それらを綺麗に整理整頓することができるのもこのfeedlyの特徴です。自分でカテゴリー分けもできます。日本語には対応していませんが直感的に使えるように設計されているので初心者でも1回使い方を覚えればすぐに慣れると思います。

Dropbox

11-alt-dropbox

恐らくこの名前を聞けば、どんな拡張機能がご想像できるかと思いますが世界で最も有名なクラウドサーバーサービスです。通常であれば、Dropboxは別途アプリケーションをパソコンにインストールしないと利用できませんでしたが、Google ChromeにDropboxの拡張機能を追加することでChromeからファイルの出し入れが可能となります。

LINE
12-alt-LINE

日本国内において圧倒的シェアを誇るSNSのChrome専用拡張機能です。機能自体はお手元のスマートフォンやタブレットに入っているLINEアプリとほぼ変わりません。LINE社ではパソコンにいれるアプリケーションもリリースしていますが、全部一元管理したい方はChromeの拡張機能で済ませることができるのでお薦めします。
別途開発者向け拡張機能の代表例

Appspector

13-alt-Appspector

この拡張機能は主にWeb開発者向けです。また企業ではなく個人の開発者が独自で開発しリリースした拡張機能です。これを有効にすると閲覧先のサーバー環境や導入しているフレームワーク等が分かります。具体的な使用法としては、まず気になったサイトがどのような環境でどのようなフレームワークを使っているかと調べることで自分での開発に取り組む際に参考にすることができます。これにより開発スピードを飛躍的に向上させることが可能です。

Google Chromeはこんな使い方もできる!

ウェブサイトをみるためだけに利用されていたブラウザソフトですが、実はGoogle Chromeはいろんな使い方ができるんです。今回はまさかこんなことができるなんて!と思うようなことをご紹介していきます。

Google Chromeの裏ワザ初級編

1. 単位の変換、計算する方法

ちょっとした計算をするために、電卓やスマホの電卓アプリを開くといったことをしなくてもChromeのアドレスバーに計算式や数値を入れれば答えを導いてくれます。しかし掛け算や割り算は通常の筆算ではありません。掛け算の場合は「*」を使い割り算の場合は「/」を使います。式を入力したらイコール(=)を入れればアドレスバーのしたに答えが出てきます。単位を変換したい場合、例えば摂氏30度が華氏何度が知りたい時は「30c=f」と入力する。あとは高度の単位「フィート」をメートルに置き換えたい場合は「100feet = m」と入力すると答えが出てきます。

2.ドラッグ&ドロップでキーワードが検索する方法

気になる単語や用語が合った場合、皆さんはキーボードのショートカットでコピー&ペーストをしたり、マウスの右クリックでコピー&ペースをすると思いますが、Chromeではそれらをしなくても気になる単語や用語をマウスでドラッグしてドロップしながらアドレスバーに持っていくことができます。すこしコツが入りますが知っておいても良い裏ワザです。

3.特定のサイト内を検索する方法

インターネットに日頃から慣れ親しみ、Googleを長年愛用している人は「site:」を使ってできる検索方法をご存知だと思いますが、わざわざ「site:」を入力しなくても検索する方法があります。やり方は簡単で、まずサイトのURL(アドレス)を入力し末尾にカーソルを合わせてた状態でキーボードのTabキーを押すと「Search ◯◯◯」とアドレスバーが変化します。これで特定のサイト内でキーワードの検索ができるため非常に便利です。
Google Chromeの裏ワザ上級編

1.Chromeがメモ帳に変わる。

実はこの裏ワザ、最近のブラウザでは大抵使用できますので知っておくと便利です。なにか調べ物をしていてちょっとメモしたい。周りに紙もないし、アプリを立ち上げるのも億劫だ。というときにアドレスバーに「data:text/html, <html contenteditable>」と入力してみてください。

※重要:かぎかっこは大文字で表示していますが、実際には半角に直して下さい。

そうすると真っ白なページが表示されます。真っ白い場所をクリックすると文字が入力できるようになります。一度入力してページを表示させたならば、このページをブックマーク(お気に入り)に登録しておけばいつでもまたメモ帳の変わりとして使用することが可能です。

2.サイトのセキュリティ情報を閲覧する方法

少し怪しいサイトを開いている時、そのサイトがウェブサイトでどんなことをしているのか気になる時にはアドレスバーの左にあるページアイコンをクリックして見て下さい。そうすると、そのサイトのセキュリティ情報が閲覧可能になります。CookieやJavascript、ポップアップ等の情報が閲覧できます。

↑ PAGE TOP